LINK
通常、任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは異なり自賠責保険の範囲内でカバーされない補償を受けるとても大事なものです。この任意の保険。自賠責保険の上乗せという役割で働きますので、自賠責保険でまかなえる限度額を超えたときに機能します。また自賠責保険だけでは物に対する損害については補償が受けられないので対物損害をカバーする場合は加入することが望ましいです。現段階で任意保険の保険料を払っている愛車を乗り換える際は国内メーカーの自動車もしくは外車などことは例外なく残っているお金が戻ってきます。国内メーカーの自動車も同様です。自賠責保険は、普通は放っておくのが通例になっていますが任意保険の場合は誰もが入る保険ではないですから、解約ということになります。それでキャンセルした後は、既に 支払い済みの残金が返金されるのです。中古車取引が成立したと言ってもすぐさま任意保険を中途解約するという選択肢はリスクがあります。もちろん早く解約すればその分返還されるお金は増えますが、車買取店が遠方にあり、自分で運転していくということになった時は保険なしで車の運転をしなければなりません。リスクを考えて、必ずこの先自分が運転をしない状況になるまでは保険の解約をすることがないようにする必要があります。自動車を手放して即新しいクルマを買うのならば構わないですが仮に乗らないような状態が継続して任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこうした任意保険に加入していない期間が存在する場合、以前に継続していた等級が下がるため、保険料の金額が増額となってしまいます。この時は「中断証明書」という書類を出してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」で、一定期間は解約前の等級を継続することが可能です。そして13ヶ月以内は発行してもらうことができますので、もし今現在で手放していて「中断証明書」を出してもらっていないケースではその保険会社や保険代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。もしも自分が新しく車を購入することになって、購入した後に以前所有していた車を買取してもらう場合は、任意保険の契約はどちらか一方のみの契約になってしまします。任意保険の切り替えということになるので、運転をする予定の車でしたら処分の際まで注意しましょう。それから任意保険の保険料は自動車車両で保険料が変わるので、中古車買い取り時は任意保険の保険料を見直すタイミングとも言えますね。