LINK
任意整理とは債務整理とも言われおのおの債権を有する者への支払いを継続することを選択した債務整理の選択です。実際の手続きとしては司法書士有資格者または弁護士の資格を持つもの貸方とあなたの間に入って、利息制限法に従い適切な利息計算をして新たに計算した借り入れた元金についての利子を削減することによって36か月くらいの期間で返済を行っていく借金整理の対策です。任意による整理は警察等の公の機関が関与しないので他の手順と比較した場合手続きした際における不利益が少なく、処理そのものも債務者にとって最も問題がないためメインとして選択するようお勧めする手順でもあります。さらに、債権を持つものがヤミ金のようなとても高い借入金利の場合には、法律で決められている貸出金利以上に支払った利息においてはその元金に適用できると判断し元金を減らしてしまうことだってできます。だから、ヤミ金業者のような法外な借入金利を取るところへ長い期間返済してきた場合だとかなりの額をカットできる場合もあり、10年くらい返しているケースなら負債そのものが償却される可能性もあります。任意の整理のメリットについてですが自己破産手続きと異なり特定の負債のみを整理することが可能ですので、他の保証人が付く借入を除いて手続きをする際や住宅ローンの分を別として処理する場合などでも使うこともできますし資産を処分してしまう必要がありませんので、貴金属やマンションなどの財産を持っているものの、処分してしまいたくない状況であっても活用できる債務整理の方法となっています。ただし、手続きを取った後返済が必要となる額と実現可能な給与等の収入を比較検討し完済が見通せるようなら任意での処理を進めるほうが良いといえますが、自己破産手続きと違い返済義務そのものがなくなってしまうという意味ではありませんので、元金の額が大きい状況の場合、現実問題として任意整理にての手続きを踏むのは困難になると考えるのが無難でしょう。